FX自動売買で不労所得つくり 先進国通貨すくみ手法

JPY/USD/EUR/AUDですくみを作成 インヴァスト証券のトライオートFXにて自動売買を実践中 毎日をダラダラ過ごしてみたい

トライオートFX不労所得すくみ手法 夏休み ファミレス キッズ 魚市場で野菜 レンジ

 

本日は暑さが多少和らいだ感じがする

ただし、水分補給は必須だ

食事も食べやすいもので良いので食べるようにしよう

 

昼、私が仕事をしている場所は田舎なので

あまり店が無い

そのなかで一軒のファミリーレストランにて食事

暑いので、さっぱり食べられる冷やしうどんを注文

食べている間、多数の悲鳴が聞こえる

キッズたちが、パリピ状態

そうだ、夏休みに入っていた

キッズたちのパワーに押し出され

早々に店から撤退

勇気ある撤退だ

 

その後、午後一番のアポイントがある客先の前に

魚市場に寄る

漁港近くにある、何軒か集まった市場だ

うなぎの有名な産地なので

かば焼きだけでは無く、うなぎを開いて焼くだけのものも売っている

2匹で¥2,000ちょっと 焼くのが得意な人にとってはリーズナブルな価格ではないかと思う

私はバケツに入ったトウモロコシ5本をLONG

1バケツで¥400だ 魚市場で野菜を買う

これから流行らせていこうと思う

 

さて、7月25日(水)の結果

 + 6,225 円

多数の決済を確認

これなら、トウモロコシを15バケツ買えそうだ

 

各通貨ペアを両建てで、すくませて運用しているが安定している

一番安定している理由としては、評価損益の損の数字だと思う

現在、レンジで動いているせいか

現在の評価損は約¥78,000程度だ

30システム稼働させて、この数字は安心感がある

 

やはり、このやり方はレンジ相場では強い

さらにレンジ内で動いてくれれば、評価損は大きくならず

決済益がそのまま証拠金に乗ってくるので

自己資本が強くなる

証拠金管理は自己資金投入だけでなく、自動売買での決済益でも支えてくれる

時間を重ねれば重ねるほど、決済益は積み上がり

精神的余裕も生まれ、積みあがった決済益で新しいシステムも追加できる

 

トライオートFXでの運用は、ラク

できるだけ、ラクな方法で不労所得を積み上げて

早期リタイヤし

開田高原に土地を買って

トウモロコシを作りたい

そして、近所のキッズたちに分け与えたい

 

 = = = = =

<トライオートFXの始めかた>

1、 トライオートFXの口座を開設する

2、 30万円~60万円を入金する

3、 JPY USD EUR AUD のうち 好きな通貨を3つ選ぶ

4、 好きな3つの通貨でペアを作る

5、 自動売買パネル→複数作成(カスタム) を選ぶ

6、 注文本数は最初は11でOK 取引額は1Kを選択

7、 値幅を70~100pipsで設定する カウンター幅も同一にする

   (カウンター幅は買いならマイナス・売りならプラス)

8、 想定レンジ幅は、設定した値幅*11の数字を入力する

9、 損切幅は、指定ナシを推奨

10、両建てにして合計6システムを稼働させる

11、毎週週末にメンテナンスをする

   (レンジから外れそうなら、新しい注文をコピー作成する)

 

 ↓ トライオートFXの無料口座開設は

 ↓ コチラから ↓

 

投資は自己責任にて