FX自動売買で不労所得つくり 先進国通貨すくみ手法

JPY/USD/EUR/AUDですくみを作成 インヴァスト証券のトライオートFXにて自動売買を実践中 毎日をダラダラ過ごしてみたい

トライオートFX不労所得すくみ手法 今朝ロスカット トライオートETFで玉砕 トライオートFXとトライオートETFの違いを実感した 自分に合うやり方でやってみよう

 

今朝、見事にトライオートETFロスカットされた

なんだか清々しい気分だ

 

実は、検証がてら12万円程度を投入し

実践してみた

この1か月で70ドル台から40ドル台に急落だ

見事に玉砕した

 

トライオートFXに続いて

トライオートETF不労所得の一つに出来るかと思い

検証がてら実践してみたが

結局は肌に合わなかった

ワタクシが感じたことを書いてみようと思うので

読者の皆様の参考にしてほしい

 

第一にワタクシが実践している

すくみ手法と比べると

トライオートETFは右肩上がりに上がる前提であるため

高いところでシステムを稼働してしまうと

急落が起こった時に決済できずに塩漬け状態となる

最近カウンターというロジックも出来たが

今回の急落はカウンターでも中々拾うことは出来なかったのではないだろうか

すくみ手法では

上がっても下がっても網目を張るように注文を入れているので

上がっても下がっても利益を獲得できる

 

また、為替と株では動きが違うため

ETFでは分析が必要だと思う

為替はレンジであれば、上下動の動きを抑えるだけでいいが

株は、市場動向を捉えながら

ポジションを建てることが必要で

トライオートETFではロジックをコントロールもしくは選択することが

必要とされる

つまり、不労所得では無い

毎日、監視が必要で手を加える必要がある

この時点でワタクシにとってはストレスと感じた

 

そして、先進国の為替は回帰性があるので

ほぼ毎日、約定が刻まれるが

トライオートETFのロジックによっては

全く約定が無い時もある

不労所得として、自動売買として、安定した利益を獲得することを考えた時

こんなに約定に波があるのも問題である

 

以上の事から

ワタクシにトライオートETFは向かないことが解ったので

キッパリと手を引こうと思う

同じ自動売買でも、株と為替でこんなに違うものかと感じた

 

しかし、今40ドル台に急落しているので

トライオートETFの仕組みが合う方には良い仕込み時期かもしれない

例えば、ここでライジングを稼働させて50ドル・60ドル台まで回復したら

とてつもない利益となると思う

トライオートETFが肌に合う方にとってはチャンスだと思う

 

さて、10月24日(水)のトライオートFX自動売買の結果

 + 13,761 円の不労所得

 

今後は、トライオートFXでしっかりと利益を積み重ねていこうと思う

他に何か良い手法・商品があれば、検証してみたい

 

 

= = = = =

 

< トライオートFX すくみ手法の始めかた >

 

1、 トライオートFXの口座を開設する

2、 30万円以上を入金する

3、 JPY USD EUR AUD のうち 好きな通貨を3つ選ぶ

4、 好きな3つの通貨でペアを作り、すくみ状態にする

5、 自動売買パネル→複数作成(カスタム) を選ぶ

6、 注文本数は最初は11くらいでOK 取引額は1Kを選択

7、 値幅を70~100pipsで設定する カウンター幅も同一にする

   (カウンター幅は買いならマイナス・売りならプラス)

8、 想定レンジ幅は、設定した値幅*11の数字を入力する

9、 損切幅は、指定ナシを推奨

10、両建てにして合計6システムを稼働させる

11、毎週週末にメンテナンスをする

   (設定した注文範囲から外れそうなら、新しい注文をコピー作成する)

 

 ↓ トライオートFXの無料口座開設は

 ↓ コチラから ↓

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

投資は自己責任にて