FX自動売買で不労所得つくり 先進国通貨すくみ手法

JPY/USD/EUR/AUDですくみを作成 インヴァスト証券のトライオートFXにて自動売買を実践中 毎日をダラダラ過ごしてみたい

トライオートFX不労所得すくみ手法 飲食の業界団体が無断キャンセルの客へのキャンセル料指針を出した 無断なら全額でもいいと思う 今週末より累計利益と含み損から算出する総利益を記事にしていく 『先進国通貨すくみ手法』の利益が出ている事を報告したい

 

本日、日経を読んでいると

面白い記事を発見した

 

飲食の業界団体が無断キャンセルした客にキャンセル料請求し

コースなら全額、席だけの予約なら5割という指針を出したとの事

 

確かに、飲食関係のキャンセル料はいい加減な状態だと思う

ホテルでもキャンセル料の明示があるが

どこまで請求しているのだろうか?

 

大体、無断キャンセルするような客は決まっている

ほぼ初めての利用に近い個人が大人数で予約するパターンだ

 

法人名での予約客なら身元が追及しやすい

常連客ならそもそもしない

また、常連客であれば身元が解りやすい

 

ワタクシの個人的意見では

無断キャンセルなら全額請求でも良いのではと思うが

 

このキャンセル料が取れない問題

個人の信用と決済システムの不備だと思う

 

個人の信用というのは

その店に何回食べに行ったのか

決済システムの不備というのは

店側が強制決済できるような情報を手に入れていない

 

今後は、予約時にクレジットカードの情報提供が必要となるかもしれない

さらに信用を組み合わせるとなると

クレジット会社が予約窓口になるかもしれない

 

もしかすると

ダイナースやアメックスがそういった窓口になり

カードの利用状況・信用状況・カードグレードなどにより

個人ごとに予約可能な店が増えたり減ったりするのかもしれない

 

ワタクシは飲食の予約程度で信用毀損するような人間にはなりたくない

 

さて、10月31日(水)のトライオートFX自動売買の結果

 + 3,788 円不労所得

 

ここ数日より、少し利益は落ち込んだ

こういう時はエネルギーを蓄えていると思うようにしている

ジタバタしても、しょうがない

こういう時の翌日の為替は大体よく動くものだ

 

ところで、今週末より

ワタクシの運用状況をより解りやすくするために

累計利益と含み損から、総利益が見えるような記事を

新しく書こうと思う

読者の皆さんの参考になるように書いてみたい

多分、為替の動きが止まる

毎週土日あたりに記事を作ると思う

ワタクシの『先進国通貨すくみ手法』の実践状況が

よく解る内容で、きちんと利益が出ていることが解ると思う

ワタクシの手法の真の利益の発表だ

読者の皆様には楽しみに待っていてほしい

 

 

= = = = =

 

< トライオートFX すくみ手法の始めかた >

 

1、 トライオートFXの口座を開設する

2、 30万円以上を入金する

3、 JPY USD EUR AUD のうち 好きな通貨を3つ選ぶ

4、 好きな3つの通貨でペアを作り、すくみ状態にする

5、 自動売買パネル→複数作成(カスタム) を選ぶ

6、 注文本数は最初は11くらいでOK 取引額は1Kを選択

7、 値幅を70~100pipsで設定する カウンター幅も同一にする

   (カウンター幅は買いならマイナス・売りならプラス)

8、 想定レンジ幅は、設定した値幅*11の数字を入力する

9、 損切幅は、指定ナシを推奨

10、両建てにして合計6システムを稼働させる

11、毎週週末にメンテナンスをする

   (設定した注文範囲から外れそうなら、新しい注文をコピー作成する)

 

 ↓ トライオートFXの無料口座開設は

 ↓ コチラから ↓

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

投資は自己責任にて