FX自動売買で不労所得つくり 先進国通貨すくみ手法

JPY/USD/EUR/AUDですくみを作成 インヴァスト証券のトライオートFXにて自動売買を実践中 SBIFXトレードにて新興国通貨スワップ取り(トルコリラ/円)も運用 毎日をダラダラ過ごしてみたい 日々の雑感と運用状況を報告中 

トライオートFX不労所得すくみ手法 帰宅後の手洗いをせずに妻が激怒 長男は2回のチャンスを無駄にした チャンスは全員に平等に与えられていない 『またチャンスがある』と言う上司は無責任なダメ上司である

 

『先進国通貨すくみ手法』の入門書 販売中

 

昨日、家族全員で外出から帰宅すると

数分後、妻が激怒している

 

なぜかと聞くと

長男が家に帰ってきてから、長男だけが手を洗わないとの事

家に帰ってすぐに、手洗いを促すも

着替えてからと言って拒否し

着替えてからと言っていたのにも関わらず

着替えても手を洗わなかった

2回とも一緒に手を洗おうと言ったのにしなかったとの事だ

 

つまり、長男は2回のチャンスを与えられたのに

モノに出来ずに妻の逆鱗に触れてしまった

 

ワタクシ、ふと気づいた

よくあるのが、会社の中で

部下が失敗したり、契約が取れなかったとき

上司が簡単に言い放つ、よく聞くセリフ

『次がんばろう』とか『次のチャンスの時がんばれ』とか『またチャンスがあるから』とか

ワタクシ、このようなセリフを吐く上司はダメだと思っている

 

一体、何を根拠に次のチャンスがあると言っているのであろうか?

チャンスは全ての人に均等に与えられると思っているのであろうか?

チャンスは1年に一定数あるのだろうか?

このようなセリフを言うのは無責任すぎる

上司なら、チャンスは限られていることとチャンスを確実にモノにする事を教えなければならない

部下がチャンスを逃したなら、上司の指導不足だ

 

チャンスをモノにするためには

普段からの行動が伴っていないと

チャンスをモノに出来ない

普段から行動出来ていない者は

チャンスかどうかもわからない

 

さて、12月12日(水)のトライオートFX自動売買の結果

 + 7,261 円不労所得

 

常に準備することは大事だ

行動したから準備ができている

準備ができていれば、急騰・暴落時にでも

確実に利益を積み上げられる

それが自動売買を活用した『先進国通貨すくみ手法』だ

つまり、チャンスを無駄に逃すことは無い

 

 

『先進国通貨すくみ手法』の入門書 販売中

 

= = = = =

 

< トライオートFX すくみ手法の始めかた >

 

1、 トライオートFXの口座を開設する

2、 30万円以上を入金する

3、 JPY USD EUR AUD のうち 好きな通貨を3つ選ぶ

4、 好きな3つの通貨でペアを作り、すくみ状態にする

5、 自動売買パネル→複数作成(カスタム) を選ぶ

6、 注文本数は最初は11くらいでOK 取引額は1Kを選択

7、 値幅を70~100pipsで設定する カウンター幅も同一にする

   (カウンター幅は買いならマイナス・売りならプラス)

8、 想定レンジ幅は、設定した値幅*11の数字を入力する

9、 損切幅は、指定ナシを推奨

10、両建てにして合計6システムを稼働させる

11、毎週週末にメンテナンスをする

   (設定した注文範囲から外れそうなら、新しい注文をコピー作成する)

 

 ↓ トライオートFXの無料口座開設は

 ↓ コチラから ↓

インヴァスト証券「トライオートFX」

 

投資は自己責任にて

 

『先進国通貨すくみ手法』の入門書 販売中